こんにちは。飲料担当の中村です。

 

先週末は大寒波が到来し、家の近所は雪が積もりました。

めったに積もることのない雪に心が躍るとともに、寒さ対策、風邪対策に万全を期す必要性をひしひしと感じた次第です。

皆さんは風邪対策に何をされていますか。

私は単純ですがビタミンCの摂取を心がけています。

みかんを食べることもありますし、手軽に飲料でビタミンを摂ることも。

 

そこで私がご紹介したい商品は1月10日に発売された「野菜生活100デコポンミックス」(カゴメ)です。

 

【製品データ】

■商品名:「野菜生活100デコポンミックス」

■種類:野菜系飲料

■容器:紙

■容量:200ml

■価格(税別):100円前後

 

※カゴメ株式会社のホームページ内ニュースリリースより引用

 

「野菜生活100デコポンミックス」は熊本県産デコポンを使用した甘酸っぱさが特長の野菜系飲料です。

パッケージには熊本県のマスコットキャラクターである“くまもん”をあしらっており、売り場でも目を引くこと間違いなしです。

しかもこの商品、ただカワイイだけでなく1日分のビタミンCを摂取できるとあって、風邪予防にはもってこいですよね。

こちらは3月下旬までの期間限定商品となっておりますので、気になる方はお早めにどうぞ。

 

さて弊社ではチルド飲料を調査したレポートを発刊しております。

ご興味のある方はぜひ内容をご確認ください。

 

2016年 チルド飲料の市場分析調査

mr120160318[1]

 

それでは、次回もお楽しみに・・・。

▼TPC Patient Report

患者調査シリーズNo.54

「パーキンソン病の患者調査」

―運動合併症の実態と薬物治療の満足度を徹底調査―

pr310160063

 

 

【調査結果】

今回、医療機関を受診しているパーキンソン病患者とその同居家族を対象に、治療の実態について調査を行った。その結果、Wearing-off現象を経験している人が全体の1/4を占め、1日あたりのオフ時間は合計5時間近くになることがわかった。また、療薬の効果、安全性、薬剤費に対する満足度は低かった。本調査では、運動合併症(特にWearing-off現象)の実態や、薬物治療の満足度について分析している。

 

【調査方法】

Webアンケート調査

調査エリア:全国

調査対象:医療機関を受診しているパーキンソン病患者(58人)とその同居家族(180人)

サンプル数:238ss

 

【調査ポイント】

・罹病期間と重症度

・受診している医療機関と診療科

・服用している薬剤の種類・ブランド

・各薬剤の1日あたり服用回数

・運動合併症の実態

・薬物治療の満足度

 

>>>詳細はこちら

 

 

------------------------------

ご興味等ございましたら是非お気軽にお問合せ下さい。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せは 0120-30-6531

------------------------------

こんにちは。食品チームの藤原です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今回は新年に相応しく、食品チームが2017年に発刊を予定しているテーマを発表したいと思います。

 

 

【市場調査レポート】

<2月>

■パウチ惣菜の市場分析調査

■食品企業の海外戦略調査

<3月>

■めん類の市場分析調査

<初夏~夏頃>

■スープの市場分析調査

■食品添加物の市場分析調査

■メディカルフーズの市場分析調査

<秋頃>

■食系企業のR&D戦略調査

■製パン・製菓原材料の市場分析調査

■ベンダー要覧(仮)

<冬頃>

■外食店舗要覧(仮)

 

【消費者調査レポート】

<3月>

■要介護予備軍の栄養実態と食品ニーズを探る

 

 

皆さま、気になるタイトルはありましたか?

もっと早く発刊してほしい、それよりもこのテーマを出してほしいなど、ご要望等がありましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

 

 

 

【ご予約資料】

2017年 パウチ惣菜の市場分析調査」(2017年2月23日発刊予定)

予約_サムネイル

 

2017年 食品企業の海外戦略調査」(2017年2月下旬発刊予定)

予約_サムネイル

 

※発刊日の前日までにご購入いただきますと、CD-ROM(1万円)を無料進呈いたします!

飲料・デザートグループの光山です。

新年あけまして、すでに二週間も経ってしまいました!はやい!

今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、年末より始まりました新コーナー「TPCメンバーに聞きました!」

今回のテーマはこちら!

 

「好きな和菓子を教えてください。」

 

弊社では昨日、社員全員におぜんざいがふるまわれました。一日遅れの鏡開きです。

お正月といえばお雑煮、そして鏡開きのおぜんざいと、一年で一番お餅を食べる時期ですよね。

そこで、今回のテーマは「和菓子」について聞きましたよ。

27人の方に回答をいただきました。結果はこちら↓↓↓

 

blog

 

今回は票が割れましたが、その中でも4票を獲得した「苺大福」がトップとなりました。

「苺大福は絶対白あん!」とあんこの種類にこだわる方もいるようです。

2票獲得した和菓子は、「おはぎ」「せんべい」「どら焼き」「みたらし団子」「桜餅」「生八ッ橋」。「おはぎ」や「どら焼き」といった定番和菓子に並んで、京都銘菓「生八ッ橋」が2票を獲得しました。

 

少数回答としては、ぜんざい・ねりきり・まんじゅう・ようかん・花びら餅・回転焼・干し芋・最中・豆大福・柏餅・白玉あんみつ、が挙がりました。和菓子の種類もいろいろありますねー。

 

ところで、関西人の私にとって回転焼といえば「御座候」なのですが・・・

関西以外のご出身の方ははたして「御座候」をご存知でしょうか?

「御座候」は、絶大な人気を誇る回転焼の関西ローカルブランドで、

関西では回転焼のことを「御座候」とよぶ人もいるくらいです。

・・・で、今ホームページを確認しましたら、関東にもお店があるのですね!北海道にも!

すっかり全国区のブランドでした。失礼しました。

 

そういえば、回転焼のことを「大判焼」「今川焼」という方もいらっしゃいますよね。

皆さまはどうですか?

 

☆☆

 

弊社では、なんと和菓子に特化したマーケット資料もございますよ。

 

2013年 和菓子の市場分析調査

mr120130079[1]

 

ご興味ございましたら、ぜひお問合せくださいませ☆

 

☆☆

 

それでは、2017年も何卒よろしくお願い申し上げます☆

みなさん、こんにちは!飲料担当の後呂(うしろ)です。2017年も始まって、はや10日が過ぎましたが、正月ボケなどは残っていませんか??2017年も弊社が独自に選定した気になる飲料新製品をどしどし皆様へご紹介していきたいと思います。

 

それでは早速、ご紹介していきましょう。今回は、アサヒ飲料が1月10日に発売した「三ツ矢 新搾り ぶどう」「同 もも」を取り上げます。

 

【製品データ】

■商品名:「三ツ矢 新搾り ぶどう」「三ツ矢 新搾り もも」

■種類:炭酸飲料(果汁炭酸)

■容器:PET

■内容量:1.5ℓ/500ml

■価格(税抜):320円(1.5ℓ)/140円(500ml)

※アサヒ飲料㈱のニュースリリースから引用

 

「三ツ矢」は皆さんご存知、誕生から130年以上経つ現在も支持される“超超超”ロングセラーブランドで、「三ツ矢サイダー」を中心に、様々なシリーズ品をラインアップしています。今回、その「三ツ矢」ブランドから新シリーズとして発売された「新搾り ぶどう/もも」は、収穫後24時間以内に搾汁された透明果汁※を使用。これを、同社独自のフルーツクオリティ製法を採用して仕上げることにより、果実の香りとおいしさがしっかりと味わえる、果汁炭酸飲料となっています。透明なのにしっかりした果汁感が味わえるって、何か不思議な感じですね。

 

今回の商品のように、2017年も様々な飲料新製品が登場すると思われますが、その中から、新たなヒット飲料は生まれるのでしょうか。

と、その前に2016年の清涼飲料市場を振り返りませんか?弊社では、清涼飲料市場をまとめた資料を毎年発刊しており、最新版を2月末に発刊予定ですので、ご興味ある方はご確認ください。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

2016年 飲料総市場マーケティングデータ
飲料新製品・商品戦略分析調査【年間版】

mr120160283[1]

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

今回はここまで。次回もお楽しみに・・・

  • 電話でのお問い合わせはコチラ 0120-30-6531 営業時間 9:00~17:00(土日祝除く)
  • フォームからのお問い合わせはコチラ