こんにちは。化粧品チームの富崎です。

 

毎月発行させていただいておりますTPC Communication Magazineでも取り上げさせていただきましたが、

先日、今年の『日系トレンディベストヒット30』が発表となりました。

 

化粧品関連では、

当ブログでもよく話題にさせていただいております『クッションファンデ』が9位にランクインしているほか、『フジコ眉ティント』が27位に選ばれてました。

 

今回の「最近の気になる化粧品アイテム」では、このなかから『眉ティント』をご紹介したいと思います。

 

 

眉ティントとは、液を眉に塗り、乾いた後にはがすと色が定着して、自然な眉色が1週間ほど持続するというアイブロウアイテムで、韓国でヒットしました。

使用方法としては、塗って1~2時間ほど放置して乾かした後、頭からゆっくり毛流れに沿ってはがすと、肌に色素がつき、洗顔しても眉が消えず、時短メイクできるとして話題になっています。

 

ちなみに、肌に着色した色味は、肌サイクルの経過とともに約1週間程度で、

角質と一緒に自然にはがれ落ちるため、肌に色素沈着しない仕組みになっています。

 

 

眉ティントの主な商品は、

・「フジコ眉ティント」(かならぼ)

・「エチュードハウス アイブロー・ ジェルティント」(アモーレパシフィック)

・「Kパレットラスティングアイブロウティント」(クオレ)

 

 

このうち、「フジコ眉ティント」は、今年6月の発売から5カ月で累計40万個を突破。

乾かしている間は“いもとあやこ”風眉になり、そのキャッチ―な見た目が特にSNSで話題となり、ヒットにつながっています。

 

 

また、眉ティントは韓国製が多かったのですが、

11月に発売された「Kパレットラスティングアイブロウティント」は日本製で、日本の匠、熊野の筆を使用しているほか、

美容成分『ヒアルロン酸Na』『センブリエキス』『加水分解コラーゲン』『加水分解シルク』を配合し、安心・安全を訴求。他ブランドとの差別化を図っています。

 

 

眉ティントは従来、韓国メーカーや韓国製の商品が中心でしたが、

クオレように追随する日系メーカーも今後増え、クッションファンデのように新たな市場として定着する日がくるのではないでしょうか。

 

 

では、次の更新は1/13(金)です。次回お会いしましょう☆*

みなさん、こんにちは!飲料担当の後呂(うしろ)です。2016年も残すところ1ヶ月を切り、今年を総括するようなニュースなどが多くなってきましたね。個人的には11月ごろからあわただしい日々を送っており、少し疲れもたまってきていている今日この頃ですが、そんな時は今回取り上げる商品のような“ほっ”と一息つけるものが恋しくなります。

 

さて、その商品とはあの紅茶飲料市場で圧倒的な存在感を放っている「午後の紅茶」が発売した初のドリップティーです。

 

【製品データ】

■商品名:「午後の紅茶 THE DRIP TEA」

■種類:紅茶飲料(ドリップ製品)

■内容量:40g(2g×20袋)

■価格(税抜):925円(まずは通販で展開。今後は販路を拡大していく予定)

※キリン㈱のニュースリリースから引用

 

同商品は、「午後の紅茶」を展開するキリンと、ドトールコーヒーが共同開発しており、紅茶の特長が活かせる“漬けおき型”のドリップタイプのフィルターを採用した商品となっています。使用茶葉は「紅茶のシャンパン」とも称されるダージリンと、「セイロン紅茶の女王」と呼ばれるディンブラそれぞれが使われており、食事時やティータイムなどに楽しめる味わいとなっています。

 

ところで、皆さんは紅茶がオフィスで飲まれる飲料として飲用ニーズの高いものであることをご存知ですが?弊社で調査した「オフィスでの飲料摂取実態と今後のニーズ」(サンプル数=620)の結果によれば、普段仕事場で飲用している飲料の種類(複数回答)で「紅茶」の出現率は25.8%となっており、今後の飲用意向としては上位の飲料の種類の中で唯一、現在よりも高い出現率(26.8%)という結果となりました。

 

家庭で飲用するのはもちろん、本格的な紅茶の味わいが手軽にオフィスでも楽しめたら、それだけで仕事の効率もアップするのでは!?

 

ということで、そんなオフィスにおける飲料の飲用実態をさらに知りたい方には、ここでも取り上げた以下のレポートをお勧めいたします。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

オフィスでの飲料摂取実態と今後のニーズ

cr120160325

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

ご興味ある方は、お気軽にご連絡ください。

今回はここまで、また次回をお楽しみに・・・。

▼TPC Market Report

「2017年 接着剤の市場動向分析調査」

―自動車、エレクトロニクスなど高付加価値市場が拡大―

mr410160316[1]

 

 

 

【調査概要】

◆2015年度の国内接着剤市場は、前年度比3.1%増で拡大している。合板・木工・建築用途への出荷量の回復と、自動車・エレクトロニクス関連で高機能接着剤が伸長したことで、前年度実績を上回った。

 

◆2016年度以降も、引き続き高機能接着剤の採用拡大が見込まれる。今後、合板・木工用の需要が減少していく一方で、東京オリンピック開催を控え、建築用途は需要拡大が続く見通し。2020年の開催に向けて、・・・続きはこちら

 

 

【調査対象】

接着剤(一般家庭用を除く)

◆縮合形接着剤

◆溶剤形接着剤

◆水性形接着剤

◆ホットメルト形接着剤

◆反応形接着剤

◆感圧形接着剤他

 

 

 

------------------------------

ご興味等ございましたら是非お気軽にお問合せ下さい。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せは 0120-30-6531

------------------------------

こんにちは。飲料担当の中村です。

ワタクシゴトですが、年齢を重ねるごとに自分の体調に気を配れるようになってきました。

それこそ10代の頃は、遊びのためならオールナイトも厭わない、友人との会合では暴飲暴食当たり前、天気予報をチェックせず多少の雨なら傘をささずに濡れてしまうなど、翌日のコンディションなど気にせず過ごしてきました。

しかし30代半ばになって、思うことは「健康第一」!

自分がいなくても世の中は回ることぐらい重々承知していますが、体調不良で急に仕事を休み、周囲の人に迷惑をかけるなんてまっぴら御免です。

そのため、最近ではオールナイトも暴飲暴食も雨に濡れることもありません。

さらには、食べるもの、飲むものにも気を配るようになりました。

 

そんな私が今回ご紹介したい商品は、12月5日に発売される「無添加LIFE ルイボスティー」(伊藤園)です。

 

【製品データ】

■商品名:「無添加LIFE ルイボスティー」

■種類:茶系飲料

■容器:PET

■容量:500ml

■価格(税別):140円

 

※株式会社伊藤園ホームページ内ニュースリリースより引用

 

最近ノンカフェインやカフェインレスの飲料が増えていますよね。

カフェインは眠気覚ましなどに効果的と言われていますが、やはり過剰摂取は控えたいものです。

数あるノンカフェイン飲料のなかでも、私は特にルイボスティーが大好き。

すっきりした味わいが食事にもスイーツにも合うんですよね。

「無添加LIFE ルイボスティー」もぜひ試してみたいと思います。

 

ちなみにルイボスティーの本場・南アフリカでは、ルイボスティーをストレートで飲むよりかは、砂糖やミルクを入れて飲むほうが一般的らしいです。

ルイボスティーのエスプレッソマシーンなどもあるようですよ。ぜひ日本でも試してみたいものです。

 

同じ飲料でも国によって飲み方が違うんですね。とても興味深いです。

そこで弊社では海外の飲料市場を調査したレポートを発刊しております。

ご興味のある方はぜひ内容をご確認ください。

 

2017年 新興国MAINSの飲料市場

mr120170323[1]

 

それでは、次回もお楽しみに・・・。

こんにちは。医療用医薬品担当の松田です。このブログも早5回。ブログで有名な市川海老蔵さんに負けない勢いで、今後も更新を続け、少しでも皆様にささやかな笑みをお届けできたらなと思っています。

 

さて、今年も残り1か月となりました。今、世間で一番飛び交っている話題が、

 

「今年の流行語大賞!」

 

その1年を最も表すワード!それが流行語大賞!今年は、スポーツ界から「神ってる」「タカマツペア」、芸能関係でいうと「ゲス不倫」「SMAP解散」、政治面では「トランプ現象」「盛り土」「都民ファースト」などがノミネートされましたね。結局はこの30ワードのうち、「神ってる」が年間大賞となったわけですが…

 

ちなみに、この流行語大賞を自分バージョンで置き換えてみるとどうでしょう?私の場合のこの1年の流行語大賞は、

 

「オーファン」

 

です。これは、私がこの秋に完成させた資料テーマです。梅雨時期に自分の資料作成テーマが「オーファン」に決まり、そこから3か月間「オーファン」という言葉を言わなかった日はありませんでした。「オーファン」は頭の中の住人と化していました。まさに、「オーファンファースト」という感じですね。そんな愛着がこもった本だからか、とても多くの方に読んでいただいたり、購入していただきました。そう、「オーファンは、僕のアモーレ」、皆様にとっての「レガシー」。まだ読んでいない方は、是非ともお声かけください。

 

 

さて、長い余談になってしまいましたが、今月末に新刊を発刊いたします。「本の名は。」…「2017年 世界の骨粗鬆症関連薬市場」です。

 

2017年 世界の骨粗鬆症関連薬市場

★comingsoon[1]

 

このブログも、次が年内最終回となります。その頃には、この流行語大賞も今年を表す漢字一文字も決まっているでしょう。残り1か月、この1年をしっかり締めくくるため、「トリプルスリー」の成績を残せるよう頑張っていきたいなと思います。

  • 電話でのお問い合わせはコチラ 0120-30-6531 営業時間 9:00~17:00(土日祝除く)
  • フォームからのお問い合わせはコチラ