市場調査とマーケティングリサーチ情報

ISO
閉じる

~今週の気になる飲料新製品♯183~
『W機能訴求でさらなる普及へ』

Pocket

みなさん、こんにちは!飲料担当の後呂(うしろ)です。2018年初のブログ更新となります。今年もご愛顧いただければ幸いです。

今週は寒波が押し寄せて寒さが一段と厳しさを増していますね。弊社でもインフルエンザにかかる社員がちらほら出ておりますが、皆様の会社ではいかかでしょうか。インフルエンザにはならなくても風邪をひきやすい時期ですので、くれぐれもご注意ください。

さて、2018年の1回目に取り上げるのは、カゴメが発売する「トマトジュース 」です。

【製品データ】
■商品名(発売日)
「トマトジュース スマートPET」「同 食塩無添加」「同 食塩無添加スマートPET」「同 高リコピントマト使用」   (いずれも2018年1月23日発売)
■種類:野菜系飲料(トマトジュース)
■容器:PET(「トマトジュース スマートPET」「同 食塩無添加 スマートPET」「同 高リコピントマト使用」)、紙(「トマトジュース 食塩無添加」)
■内容量:720ml(「トマトジュース スマートPET」「同 食塩無添加 スマートPET」)
265ml(「トマトジュース 高リコピントマト使用」)、200ml(「トマトジュース 食塩無添加」)
■価格(税抜)
230円(「トマトジュース スマートPET」「同 食塩無添加 スマートPET」)
138円(「トマトジュース 高リコピントマト使用」)、100円(「トマトジュース 食塩無添加」)
※カゴメ㈱のニュースリリースから引用
※種類は弊社が分類

同商品は、2016年にコレステロールの健康機能を訴求した機能性表示食品としてリニューアル後、これまで以上に売上が好調に推移しており、今回さらなる拡販に向けてコレステロールに加えて血圧に関する健康機能も付加したWの機能性表示食品として発売されます。

機能性表示食品も制度開始から3年近くとなり、飲料市場でも様々な商品が登場しており、需要を巡る競争も激しくなってきていますが、その中でこの訴求強化がどの程度の効果をあげるのか注目です。

今回はここまで。次回もお楽しみに!!

関連記事