市場調査とマーケティングリサーチ情報

ISO
閉じる

鍋物調味料の利用実態と今後のニーズについて調査結果を発表

Pocket

 

調査結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、直近半年間で鍋料理を自宅で食べた20~60代を対象に、鍋料理および鍋物調味料の利用実態と今後のニーズについて調査を実施。その結果、鍋料理は、「女性」「20~30代」「1人暮らし」の摂取意向が特に強いことがわかった。さらに、これらの層では、「野菜がたくさん食べられる」点や、「栄養バランスが良い」点が強く支持されているほか、「野菜系」や「辛味系」の鍋料理に対するニーズが高くなっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TPCコンシューマーレポートNo.254
鍋物調味料の利用実態と今後のニーズを探る
―若年女性の摂取意向が高い。「1人鍋」ニーズも拡大!―
体裁:A4判カラーコピー製本204頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2018年1月31日
頒価:360,000円(税抜)

関連記事