市場調査とマーケティングリサーチ情報

ISO
閉じる

世界の疼痛薬市場について調査結果を発表

Pocket

 

調査概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年度における日・米・欧3極の疼痛薬市場は、前年度比10.8%減の約1兆8,012億円に縮小。要因としては、オピオイドの規制強化や主力製品の縮小等が挙げられる。一方、片頭痛や変形性関節症等の適応で、抗体製剤の研究開発は活発化している。当資料は、NSAID、COX-2阻害剤、オピオイド、片頭痛治療薬、線維筋痛症治療薬等を対象に、日・米・欧3極の疼痛の市場動向や各社の戦略をレポートしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TPC市場調査レポート
2018年 世界の疼痛薬市場
―抗体製剤の開発が活発化する疼痛薬市場―
資料体裁:A4判 110頁
発刊日:2018年5月15日
頒価:97,000円(税抜)

関連記事