市場調査とマーケティングリサーチ情報

ISO
閉じる

「熱中症対策」飲料の飲用実態と今後のニーズについて調査結果を発表

Pocket

 

調査結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、20代~60代の男女を対象に、「熱中症対策」への意識や飲料の摂取状況に関する調査を実施。調査の結果、「熱中症対策」への意識は2017年まで低下傾向であったが、今回上昇に転じている。商品に対するニーズとしては、“飲みやすさ”“飲み応え”“手軽さ”“飽きない味”を求めている。また、冬場の「熱中症」の危険性に対する認知度や、その対策となる水分補給意向も高いことから、今後は「熱中症対策」飲料の通年需要の可能性が期待できる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TPCコンシューマーレポートNo.267
「熱中症対策」飲料の飲用実態と今後のニーズ(第6弾)
―“夏だけの対策訴求”から“通年訴求”で需要を喚起!!―
体裁:A4判カラーコピー製本120頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2018年10月19日
頒価:360,000円(税抜)

関連記事