市場調査とマーケティングリサーチ情報

ISO
閉じる

介護における食事の実態と今後のニーズについて調査結果を発表

Pocket

 

調査結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、同居家族に在宅の要介護者を抱える家族を対象に、被介護者の食事や今後のニーズに関する調査を実施。調査の結果、今後の介護食の利用意向は37.7%となった。特に、「子供」の介護者は介護の食事全般に負担を感じており、“簡便性”“時短”“保存性”を訴求した商品ニーズが高い。また、「男性」の介護者は低栄養リスクが高い傾向にあり、“ワンパターンなメニュー”“料理が苦手”等の悩みに対応した商品開発が求められる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TPCコンシューマーレポートNo.269
介護における食事の実態と今後のニーズを探る
―介護する側の悩み・問題点に応じたマーケティング戦略を提案!―
体裁:A4判カラーコピー製本197頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2018年10月31日
頒価:360,000円(税抜)

関連記事