市場調査とマーケティングリサーチ情報

ISO
閉じる

今週の気になる飲料新製品♯165『糖質制限意識が高まるなかで』

Pocket

みなさん、こんにちは!飲料担当の後呂(うしろ)です。日本気象協会によると、3月22日に東京で桜が開花されたと発表されました。東京の桜開花が全国で最も早くなったのは9年ぶりとのこと。ちなみに私が住んでおります近畿地方の開花は早くて来週中となりそうで、いよいよ春の到来を感じる時期になりました。

そんな中でお届けする今週の気になる飲料新製品は、雪印メグミルクが3月21日に発売した「Dole 糖分30%offオレンジ」「同アップル」です。

【製品データ】

■商品名:「Dole 糖分30%offオレンジ/アップル」

■種類:果汁飲料(果汁入り)

■容器:紙

■内容量:1000ml ※「オレンジ」については500ml商品を4月18日に発売予定

■価格(税抜):220円

※雪印メグミルク㈱のニュースリリースから引用

※種類は弊社が分類

同商品は、果汁100%飲料のユーザーにおいて「甘さひかえめ」「糖分ひかえめ」を求めるニーズが大きくなっているほか、食生活における糖の摂取制限意識の高まりを踏まえ、それに対応する商品として発売。商品名のとおり、糖分(糖質)を30%オフ※して仕上げた果汁飲料となっています。※オレンジ・りんご(濃縮還元ジュース)「日本食品標準成分表2015」と比較して糖質を30%オフにしている

弊社が行った消費者調査(『ロカボ』ドリンクの受容性調査)では、半数近くが飲料を購入する際に「糖質」を意識するという結果が出ており、今後もこの傾向は強まっていくと考えられています。

一方で糖質を抑えるために使われる甘味料の含有にはネガティブな意見も多いという傾向もでており、飲料メーカーとしては工夫を凝らした商品提案が必要となっています。

 

上記に挙げたように、弊社では今回の商品のように、糖質を意識するなかでの飲料の飲まれ方について調査・レポートした下記消費者調査を発刊しておりますので、ご興味ある方は一度内容をご確認ください。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

『ロカボ』ドリンクの受容性調査

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

本日はここまで。次回もお楽しみに・・・

関連記事