市場調査とマーケティングリサーチ情報

ISO
閉じる

顔の疲れのインナーニーズについて調査結果を発表

Pocket

 

調査結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、30代~50代の働く女性を対象に、顔の疲れのインナーニーズについて調査を実施。その結果、周囲から顔の疲れを指摘されたことのある人の9割以上の人が、自分の顔の疲れ症状を自覚していた。その原因は、「精神的ストレス」「睡眠不足」など“精神面”にあると考える人が多い。今後の対策としては、「睡眠」に次いで、肌のハリ・ツヤ、血流改善のための「サプリメント摂取」の意向が高まっていることがわかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TPCコンシューマーレポートNo.263
顔の疲れのインナーニーズ調査
―メイクではカバーできない「顔の疲れ」は仕事にも影響!今後のニーズはインナーケア商品にあり―
体裁:A4判カラーコピー製本115頁+CD-ROM版(分析編・集計編・データ編)
発刊日:2018年6月29日
頒価:360,000円(税抜)

関連記事